クラウドソーシングを使ってみる

どうも、東田ダダーンです。
今日は在宅でできる、クラウドソーシングについて、
利用した感想と、実際に稼げるのかという事について、
一個人の意見・感想を書こうと思います。

クラウドソーシングって何?

たぶん、知ってる方も多いと思いますが、
僕的な解釈ですと、仕事の出会い系サイトって思ってます。
そんな事言ってると怒られそうですが調べると、

「不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。」

との事。不特定って聞くと、汚らわらしく思うのは私だけでしょうか?
ぜんぜん汚らわしくないんすけどね。

有名なところは、クラウドワークスやランサーズ等があります。

どんな内容の仕事なのか

いろいろ様々で、基本的に制作の仕事の依頼募集がほとんど。
ホームページの作成、原稿作成、ロゴ作成、チラシ作製。
中には奥様向けな簡単な依頼もあり、まとめサイトの記事作成や、商品画像のくり抜きなど。

でも、簡単な作業ほど費用が。。。当たり前なのですが、簡単な作業は安いですけど、
内職をするくらいならおススメします。

実際に利用してみました。

下記に否定的な内容も含むので利用したサービス名は伏せます。
正直、実際にお仕事もらえるのかなと不安でしたが、
もちろん断られる事も多いですが、以外にお仕事もらえました。

見せれる実績がないと厳しい

当たり前ですが、判断できるものとして、今までの制作の実績等がないと、はじめはかなり厳しいと思います。
仕事を依頼する側の気持ちになれば当たり前ですけどね。

僕的、仕事後の感想

実際はやっぱり出会い系でした。というと、怒られますが、
勝手なイメージでネット上の取引で、人が見えないまま進むんじゃないかなと、
要はメールだけで作業的に進むのかなって。
ですが、当たり前なのですが、実際は「お仕事」なので、
ちゃんとコミュニケーションができないと厳しい部分もありますね。
なのでコミュ症な僕は電話での打ち合わせ等に、少しドキドキしましたね。。

クラウドソーシング総評

とにかく、お金が厳しいと思います。
なんでそんなに手数料やら仲介料を取るの?ってぐらい取られました。
(振込手数料にそんなけかかるはずないやんってぐらい)
まぁ、その辺はサービスによって変わると思いますが、
制作というもの自体、単価がかなり下がってると思いますので、
一つの経験にはいいかもと思いましたが、自営・フリーで新規参入するには、
けっこう大変そうに思いました。

ですが、一個何銭とかの内職をするくらいなら、断然こっちの方がいいです。
ですが、本気でこれだけで生活をってなると、本気度にもよると思いますが、僕はかなり大変と思いました。
簡単な作業じゃなくなればなくなるほど、打ち合わせ等が必要になり、
割に合わないって事もあると思いますし、「空いた時間に簡単にお小遣い稼ぎ」とか言ってる人は、
けっこうな起用な人だと思います。。

lineスタンプも含め、もう今からの参入じゃ自分にかなりの力がないと厳しいのかなぁ。。って思った一日でした。


コメントはまだありません »

コメントを残す

ページの先頭へ