New Article

菌活じゃなくて憩いの場として天王寺動物園に行くのです。

スポンサーリンク

2019年の10月にコアラがいなくなると聞いて、コアラに思い出はないけど、会えなくなると思うと、コアラからしたらいい迷惑やけど観に行ってきました。

娘との天王寺動物園

娘が初めて天王寺動物園に行ったのが生後6カ月頃。
赤ちゃんの菌活」として、動物の菌をもらって免疫を高めようという作戦。

菌活の効果があったのかはわかりませんが、大きな風邪も引かず、これといった病気もせずに約10か月が経ちました。

菌活の効果か、しっかり育った娘

すくすく育って、元気に育ったのには本当に嬉しいです。
気付けば平均より大きく育ち、同じぐらいの月齢の子より頭一個ぐらい大きいです。

ぽっこりお腹が出てきた1歳の娘

心なしか、いや確実にお腹がぽっこりでてます。
オヤジ化が進み、将来が心配です。

そんな娘のメタボリック解消にも、(毎日、嫁が外で遊ばしてますが)コスパ最強の天王寺動物園へ。

久々に天王寺動物園へ

サイの前で写真を撮った嫁と娘

なぜか我が家では、サイのところで後ろ姿を撮るのが恒例化しつつあります。
毎年、同じポーズで写真撮っていきたいなと思いながらも、既に向きが違いますが。

2018年に天王寺動物園に行ってサイの前で撮った写真
去年、サイの前で撮った写真

気付いたらベビーカーで寝てる

運動がてらにと動物園行くも、ベビーカーから降ろしたら、親の顔も見ずに勝手にいろんなところ行くので、人が多いところでは好きにさせれません。

最初の方は好きに歩かせたり、触れ合い動物
結局、ベビーカーで移動、そして知らぬ間に寝る。

ベビーカーで寝る娘

そもそも娘は、テレビでは動物を認識してますが、動物園の動物はなんだかよくわからない感じですかね。まぁ早すぎたかな。
だんだん動物の事をわかってくるであろう、これからが楽しみです。

気付いたら、なんかワチャワチャしてほとんど写真撮れなかったです。
これから大きくなって、落ち着いてきたら写真も撮れるんかな。

コアラは?

動物園に行ったのは9月の末。
話題のコアラの影響かテレビ局の人も多かったです。
プラス、アザラシの赤ちゃんが行方不明になった件(後日、排水口から見つかる)もあり、テレビカメラは多かったです。

私ら家族はいつ写ってもいいように、ファッション誌のモデルの写真のように遠くを見るような表情で、すました顔で園内を練り歩きました。

コアラのところは、 コアラの出待ちですごい人。
出てきたと思ったら、木のめっちゃ高いところに登って見えねぇー。
娘も寝てるし、早々と帰ることになりました。

1歳4か月の娘の天王寺動物園

1歳4か月の娘とライオンとの写真
僕と娘とライオンと。

僕はアラサーになって、歳を重ねれば重ねるほど、動物園に癒されるようになってきた気がします。
1歳4か月の娘は歩けるようになり、怖い物知らずで興味のあるものにどんどん向かっていきますが、まだまだ動物園を楽しむのは、これからのようです。

これからが楽しみやな。って思った一日でした。

スポンサーリンク
子育て
東田ダダーンをフォローする
このブログを購読する
当ブログから更新通知を受けてもいいという方はリンクより更新通知の許可をしてください。 東田ダダーンが更新された際、更新した旨、通知されます。
東田ダダーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました