AMP対応って必要なの?実際に運用して試すの巻

AMP対応って必要なの?実際に運用して試すの巻

どうも、東田ダダーンです。
ところで、雷のマーク(⚡)を見ると何を思い浮かべますか?

単純に天気予報を思い浮かべる方もいれば、
マイティ・ソーやフラッシュなどの雷を使うヒーローを思い浮かべる方もいると思います。
僕は『めちゃイケ』です。

Googleが推進しているというAMP(Accelerated Mobile Pages)について、
私自身、使い勝手が合わないというか、あんまり好きじゃない(笑)んですが、自分自身の勉強の意味も込めて書いていきます。
当サイトでも、テーマに機能としてあるAMP機能を使い、実装しています。
その他、私自身が運営しているメディアサイトでの経験を踏まえて、AMPは必要なのかを書いていきます。
※所々、わからないまま進めてるところもありますので、間違ってるところは、ご指摘お願いします!

AMPとは、なんぞや?

そもそもAMP(Accelerated Mobile Pages)とは?と、このページを見ている人は、
おそらくわかって見てくれてる方が大半だと思いますが、簡単に説明を。

スマートフォンなどで検索した際に表示されるカード型の検索結果や、雷のマークがついてる検索結果がAMPページです。

AMP CacheというAMPページ配信用のキャッシュで表示を早くし、なんやかんやで、本来のWEBページに接続せずに表示するから、シュパッと表示できると。
簡単にいうと、モバイル端末用に早く表示させる軽いページですって事ですね。
スマホ主流の時代だからこそのページですね。
あと、速度制限という日本特有の文化にも適しているのかもしれませんね。

AMPを推進する企業も多く、GoogleやTwitter、ワードプレスも入ってます。
って事は、検索順位とかにも影響出るんじゃないの?って思いますよね。
今のところ、関係はないとのこと。
ですが、検索内容によってはカード型での検索結果欄に表示されるなど、通常より目立つところに表示される可能性は高くなるので、メリットになるのではないのでしょうか?

AMP対応のメリット

  • 表示が早いからストレスが少ない
  • 検索結果のカード型のカルーセルに表示されるかも

AMP対応のデメリット

  • 専用のタグを使ったり、変更したりで、コンテンツが制限される可能性がある
  • 広告等も対応させたり面倒
  • どんなサイトにも効果的ではない

AMPの対応方法(ワードプレス)

AMPへの対応方法は、理解すればそんなに難しくはないという印象です。
ワードプレスの場合、テーマで機能として備わってる物も多く、設定でオンオフするだけです。
ワードプレス自体が、AMP推進とのことで、自動で対応してくれる日が来るかもしれません。
面倒なんでやるなら勝手にやってほしいけど、それで意図しない表示の仕方されるのも困る。。。

ワードプレスAMP対応プラグイン

上記のプラグインは簡単です。
もうインストールして、有効化するだけです。
ただ、デメリットは簡易すぎて、デフォルトのカスタマイズでは、
ヘッダーなどの色や文字色を変えれるだけ。。。
そのままでは、他のサイトと被る可能性が高いですね。。。
広告載せたりするのには、プラグインのファイルを編集する必要があります。

簡単に設定できるので、簡易にAMPを体験するという意味では、良いプラグインだと思います。

AMP対応注意点

上記でも記載しているように、AMPでは専用のタグに変更したり、使えないタグがあったり、制限があるので、ルールに沿って作成・対応させないとエラーがでます。
実際に当サイトも、Google Search Consoleから日々エラーですよーと言われてます。

ちなみに当サイトのエラーに関しては、ほとんどが、過去に挿入したAmazonのアフィリエイトバナーの可能性が高いです。。
そういった過去の記事にも対応させる必要があるので、現状のメリットを考えるとサイトによっては対応させなくても良いと思います。

AMP対応を辞める時の注意点

他に運営しているメディアサイトでは、AMPの対応を辞めました。
もともと、メディアサイトにはAMPが向いていないという記事を見ていたのですが、他サイトよりどこかで差をつけたいと思い、プラグインで対応させていましたが、管理での部分を含め、メリットを感じれず、辞めました。。。

辞めた時に発生したのが、404エラーです。
当たり前ですが、今までのAMPページがなくなるので、エラーになります。
辞めたくても辞めれないというヤク〇ザのような状態になりましたが、辞めました。

リダイレクトでどうにかしようかなと思いましたが、検索結果などには数日で自動的に削除され元のURLに反映されるとのこと。
もともと、AMPページで表示される機会がスマホのTwitterでツイートからのリンクの際、AMPページが表示されていたので、機会的には少ないと判断しAMP対応を辞めました。
ちなみに、このツイートからのリンクに関して、どういう仕組みなのか、当サイトのTwitterからはAMPページには飛ばず、よくわからない仕様です。。
分かり次第、追記します。

AMP対応について必要かどうかまとめ

AMPについて、最初知ったときは、「また新しいのん出てきた」でと、むかつきました。
ですが、スマホ主流の時代だからこそ、しょうがないのかなぁって思いながら、勉強がてらAMP対応を試してきました。
まだまだ、わからないところや試している途中ですが、現状メリットがわかりにくいとういのが、私の感想です。
弱小サイトという部分が大きいかもしれませんが。。。

そもそも、AMPページではなくて、普通のページを早く表示させる事に、しsfkksふぁぁdがl!
すいません、取り乱しました。
とにかく、私自身ネガティブAMPマシーンですが、将来的にどうなるかわからないので、いろいろ試して経験値は貯めたいと思ってます。

必要か必要じゃないか結論は、結局ですが以下です。

基本的にはあった方がいいけど、サイトによってはいらないんじゃない?

AMPって音楽機材じゃないの?って思った一日でした。