WEBページをダークモードに対応させ、切り替えスイッチを設置する

今さらではありますが、対応しました。
ダークモードに。

個人的には特に見やすいとも思わないダークモード。
なんでも明るい印象が好きなので、別にいいかって思ってました。

でも、有機ELもやけど、改めて黒を見直すと、かっこいいですよね。
ってことで、対応してみました。

スポンサーリンク

このサイトのダークモード切り替え方法

単純にOSの設定でダークモードにされている方は、メインのコンテンツ箇所の背景が黒くなっているはず。

とりあえず、ダークモードの表示に変更する場合は、画面上部の切り替えスイッチ(月のマーク)、を押してもらえると切り替わるはず。
スマホ表示時は右側サイドバー展開で、上部にボタンがあるはず!

ダークモード対応内容

ダークモードに対応させる方法をまとめてみる。ついでに他のカラーテーマにもできるようにしてみる。|夕月悠里|note
経緯 ダークモードに対応したWebサービス、増えてますね。 私もPCとかスマホのテーマはダークにしていて、ダークモードがメインになってます。ずっとダークモード使っていると、白い画面がちょっとずつまぶしくなってきます。 自分が運営しているWebサイトもまぶしいなと感じてきたので、ダークモードに対応させました。その時...

上記のページ、そのまま拝借させていただきました。
ありがとうございます!

当初は、ただ切り替えができればいいかと思い、ダークモード時のclassをjavascriptで付与して表示を変えるように作成したのですが、それだとページ遷移した時に、端末のOSでのダーク―モードの設定状況に沿った表示に戻ってしまうので、上記のリンクを参考にしローカルストレージに設定を保存する形を拝借しました。

僕が追加した内容としては、CSSはもちろんですが、inputタグのオン・オフに、labelタグを使ってます。

<label for="btn-dark-mode" class="theme-change"></label>

ダークモード注意点

CSSはマーカー系のデザインは視認性が全然変わってくるので、注意が必要です。

通常の場合
ダークモードの表示

マーカーに関しては色と高さを変更しました。

その他の注意点として、広告の表示を合わせるのは難しいかもしれません。
いい方法があれば、教えていただければ助かります。。。!

ダークモード対応したよ。まとめ

元々、黒ベース背景のデザインだったので、対応は簡単でした。
ダークモードの実際の利用者数とかってどうなんですかね?
言うても年配層含め全体的に見たら少ないんじゃないかと思ってます。

訪問者のダークモード対応状況をアナリティクスでも確認できたらいいのですが、たぶん見れない?
その情報もとに広告の設定もできればなんて思ったりします。

とにかく対応して思ったのは、ダークモード云々って言うより、2つのデザインを持つような感じでちょっと嬉しいです。
有機ELのスマホで見た時の黒さはやっぱ、かっこいい。

スポンサーリンク
WEB Tips
東田ダダーンをフォローする
このブログを購読する
当ブログから更新通知を受けてもいいという方はリンクより更新通知の許可をしてください。 東田ダダーンが更新された際、更新した旨、通知されます。
東田ダダーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました