ネットワークベビーモニターを使って赤ちゃんを別室から見守る

ネットワークベビーモニターを使って赤ちゃんを別室から見守る

赤ちゃんが寝かしつけに頼らず、自分で寝れるようにトレーニングも含め、寝室で一人で寝てる姿を監視できるよう、ベビーモニター(カメラ)を買ってみました。

とは言えども、実際によく使うかわからないものにお金をかけるのもと躊躇してしまってたのですが、7,000円ほどのお安めのものがAmazonで発見。
もしダメなカメラでも勉強代として我慢できるかと思い購入しました。

どのネットワークカメラを買ったか

いろんなカメラがありましたが、僕が欲しかった条件は以下です。

  • インターネット経由で外からも確認できる
  • Wi-Fi接続で設定ができる
  • 暗くても赤外線で撮影できる
  • 異常があった場合は通知が来る

できれば、国産のインターホンと全部連携できるものがよかったのですが、値段と機能の部分でコスパ的にも微妙(20,000円)。

ということで、いろいろ探して、上記に書いた条件を満たす海外の怪しいカメラAmazonで見つけました。

いろんなブログを見て調べたりしたんですけど、ブログで出てくるのは某モデルがプロデュースと書いてるモニター分離型のタイプ。
ブログというかアフェリエイトブログな感じであんまり読む気になりませんでしたが。

海外製やしアプリでの操作ということで、勝手にカメラの内容漏洩するんじゃないの?
などなど、不安要素たっぷりでしたが、とりあえず、Amazonのレビューだけで(信用ならんのもあるけど)判断して、ダメなら勉強代と思い購入しました。

Advertisement

カメラのデザイン、付属品

手のひらサイズのスターウォーズに出てきそうなデザインのこのカメラ。
シンプルで、後ろにリセットボタンがあるくらい。
基本的な操作はアプリを使っての操作になるので、アプリを使える端末がなければ操作はできません。

汚い画像ですいませんw
付属品は電源アダプター(USB Micro B)と、写真にはありませんが、壁に取り付ける際に使う調節部品とLANケーブルが付属してます。
壁に取り付けるにはネジで穴をあける必要アリです。

カメラの設定方法

本体は電源を差し込むだけです。
特にスイッチはなく、リセットボタンだけです。
使用しないときは怖いので電源を抜いてます(笑)

MIPCというアプリを使って、接続設定します。
iOS、androidのアプリとパソコンからも使うことができます。

海外製なので、表示している言葉に違和感がある場合もあります。
またシンプルな仕組みということもあり、説明書も簡易な内容しか書いてないので、接続に手惑いました。

流れとしては以下です。

アプリを開いてアカウントを作る

そうです、そうです。面倒なアカウントです。
面倒は面倒なんですが、一つ作れば他の端末で、確認する際、このアカウント情報を入力するだけでいいので、旦那さんと奥さんの各スマホで確認するなど、夫婦で使ったり家族で使う際はアカウント一つで確認できるので楽です。

カメラの電源を入れて接続設定をする

これがシンプルすぎて、よくわかりにくい。
アプリの画面に沿って進めていくので、難しくはないのですが、カメラから「@\%♂& OK?」とか英語で状況言われるのが、リスニングできないんですよね。
便利な世の中でGoogleの翻訳アプリで通訳してくれたもの、それでも「だから何?どうしてほしいの?」という状態でした。
英語喋ってくれてたらまだ翻訳できますが、途中、R2-D2みたいな音するから、なぜか少しテンション上がりました。

結果3回ぐらいやり直して無事、接続できました。

撮影した画像

実際に撮影した画像が以下です。

汚い画像でごめんなさいw
100万画素モデルを買ったので、少し粗いですが確認するには十分です。
暗いときは赤外線で撮影できます。

動画の撮影もできます。

その他の機能

機動性

首振り機能付きでほぼ横は360度、上には真上は無理ですが、ウィーンとゆっくり動きます。
またズーム(拡大してるだけ?)もできます。
機動性は十分です。

通知機能

通知機能には動きを察知して、MIPCアプリに通知を知らせる機能があります。
本当は泣き声で通知してもらいたいのですが、そこは諦めました。
感度を調整できるんですが、設定をうまくしないと通知だらけになりますw

通話機能

通話というよりはタイムラグがあるので、電話のようにはいきませんが、一応話ができます。
ただ、自分の声がそのままスピーカーから聞こえてくるので、うるさいです。

まとめ

7,000円ぐらいでここまでのカメラの機能なら十分です。(5,000円を切ってる同性能のものもあります。)
ですが、根本的にこのカメラはベビーモニターやベビーカメラ用に作られていないので、赤ちゃん用としてはあと一歩足らないというか、泣き声で通知してくれる機能さえあれば、このカメラをもっと信用して使えるのかなという感じです。
おそらく防犯用カメラや、ペットの見守りカメラ用として作られてるので、ネットワークカメラとしては申し分なしです。

赤ちゃんの頃は心配でも、子供が大きくなれば学校から帰ってきたかの確認などに使えます。
そう考えれば長く使えそうなので(壊れなければ)、コスパ良いですかね。

今、ベビーモニター等を気になったり考えてる人には100%のおすすめはできませんが、どんなものか試しに買うのはぜんぜんアリだと思います。
また防犯やペットモニターとしては機能が十分すぎるので、オススメできます。

結局、カメラだけで見守るのは不安というか、今は娘が愛らしくてずっと一緒にいてるので、本格的に使うのはもう少し後になりそうです。

このブログを購読する

当ブログから更新通知を受けてもいいという方はリンクより更新通知の許可を押してください。
押してやってください。
ブログ更新後、ブラウザより更新通知が送られます。