娘と初めて2人きりでお留守番

娘と初めて2人きりでお留守番

嫁が出産後の検診の為、初めて長時間、娘と2人きりに。
ウキウキ、ウーピーゴールドバーグ。

嫁と赤ちゃんで病院に2回行かなくてはいけない総合病院

個人で運営されている産婦人科等の病院であれば、1カ月の検診を母と子まとめてみてもらえるところも多いと思います。
ですが、総合病院や大きい病院だと、産婦人科と小児科が別で対応時間が違うとのことで、別日になることもあるようで。。。そうです、別々の日に行くことに。
総合病院等で出産してない嫁の友達からは「えーそんなんあるんや、大変やん」と。

別々で行くのは問題ないんです。(面倒ですが!)
問題ないんですが、うちは里帰り出産。
時とタイミングが合えば、実家に泊まったりもできますが、合わなければ弾丸ジャッキー(遠い距離を行ったり来たり)になってしまうんです。

そう。実家を行ったり来たりの以下のスケジュールに。

  • 1日目に嫁の検診、その間、僕が家で娘とお留守番(初めての長時間二人きり)。嫁、弾丸ジャッキー。
  • 2日目に、嫁が娘を連れて1か月検診。雨で交通マヒ。後日更新しまーす

娘と初めての二人きり(嫁に心配される)

平日なので、会社を休み、娘と初めての二人きり。
下記の記事でも書いたように、泣くときは止まらず、いわゆるギャン泣き、そこが僕自身、心配でした。
嫁は産まれてからずっと娘と一緒だったので、長い時間離れるのがソワソワすると、プラス僕が面倒みるとの事で、かなり心配だったでしょうけど、僕自身はかなり楽しみでした。

嫁が母乳を飲ませてから見送り、いざ二人きりに。

最初のほうはスヤスヤして寝てたんですが、気づけばグズグズ。
これ、大変になるんじゃないのか。。。

0か月~3か月用の試供品でもらったコンビのおしゃぶりを試すも、形状が合わないのかうまくいかず。
最初はお乳を吸うようにモグモグするものの、1~2分、時間が経ったら口から離してギャン泣き再開。


(試供品で、男か女か言うてないのに、たまたま女の子デザインのおしゃぶりをもらいました)

娘が、どんなけ泣いても僕はめげません。
僕には野望がありました。

泣かすときは泣かして疲れさせて、ミルクを上げるときはしっかり上げる。

そんな言い方をすると、普段どういう風にしてるねんって思われるかもしれませんが、うちは母乳とミルクの混合。
母乳とミルクだと授乳時間が長引いてしまうこともあり、メリハリがつけにくいようなイメージがありました。
また、娘はいつも飲んでる途中で寝落ちしてまうこともよくあり、量をしっかり取ってほしいというのもありました。

そこで、嫁がいないあいだ、ミルクのみなので、管理もしやすいし、メリハリをつけて疲れさせて、しっかり量を取らせる計画を実行してみました。

計画的にミルクを上げてメリハリをつけてみる

皆様当たり前の3時間おきの感覚で、とにかくどんなに泣いてもミルクをあげずに過ごす事を決意。
でも、夏やし熱中症の事もあるので、ちょっとでも見たことない泣き方とか挙動したらミルクをあげる準備はしてました。

先に書いたとおり、嫁を送り出して、1時間もたたないうちにグズグズしはじめました。
娘はけっこうシャウト系の叫ぶような泣き方をして、MAXの時は喉がちぎれるんちゃうか?ってぐらい声を枯らすように泣くので、そうなるとかわいそうすぎるので、ヒートアップする前におしゃぶりを咥えさせ、しばらくするとおしゃぶりを吐き捨てるので、しばらく様子を見て、またおしゃぶりを咥えさせるのを繰り返し行いました。
時間にして20~30分ぐらいだったと思います。

で、やっぱり、結局、心配になってきたので少し早めにミルクをあげました。
グビグビ80ml。本当はもっと飲んでほしいかったのですが。
やっぱり泣き疲れてたのか、ウトウト。
プラス、今までうまく効果を得られなかった、スイングベッドを使ってみました。

これが効く効く、グッスリスヤスヤ眠りました。
たぶん、今までギャン泣きの時に無理やり寝かせてたから、効果がなかったのかと。
ギャン泣きの時はほぼ何も通用しないです。

めちゃくちゃ話しかけてみる

途中起きそうになったら、スイングベッド揺らして、そのまま夢の中を続行させ、3時間たったので起こして、ミルクをあげました。
結果、午前中はグズグズでしたが、午後からは落ち着いた様子。

ミルクをあげてから、1時間ぐらい寝て起き、機嫌も良さそうなので、めっちゃ話しかけてやりました。
嫁がおらんことをいいことにというか、おったら恥ずかしいというか、めちゃくちゃ話しかけてやりました。
嫁おってもめちゃくちゃ話しかけてますが。

「もう、早く喋ろうよ」、「大きくなったら何するの?」、「お母さんに迷惑かけたらあかんよ」、「早く喋ろうよ」等々。
その結果なのか、この2~3日後から、話しかけてると口をパクパク、喋るの真似してる?ような仕草をしました。
もう、半年ぐらいで喋れんじゃないの?って思いましたね。

嫁、検診を終え帰ってくる

嫁の方は無事、出産後の検診も終え、順調に身体が戻ってきてるとのことで、一安心。
あの壮絶なとんでもない空前絶後の出産を経て、寝ずにずっと赤ちゃんの面倒見てくれてたので、身体が心配でしたが特に問題もなくよかったです。ありがとう。

嫁が帰ってきて、お留守番は無事終了。
午前中はグズグズしてましたが、結果、スイングベッドの心地よさを覚えたり、喋りそうな口パクパク等、いろいろ覚えたんじゃないかなと思います。
僕自身、いい経験になりました。改めて、赤ちゃんの面倒を見てくれてる嫁に感謝。

さぁ翌日は娘の検診だ。
あっ、冒頭のウーピーゴールドバーグは関係なしです。
天使のラブソングな展開を想像されていたかた、悪しからず!